飲み物にお砂糖を入れる派?入れない派?

e0031799_18304604.jpg

長野県にあるわざわざという名前のお店のカレンダーをセカンド日めくりカレンダーとして使用しています。

1月14日は、「お砂糖は使わなくても大丈夫」とレモンティーでしょうか?の写真とともに。

お仕事させていただいているお茶カフェのお店では、国産のやさしい紅茶がメニューにあります。
お店の紅茶は、日本の煎茶品種の茶葉をブレンドしているそうです。

お茶は、茶の木という植物の葉を加工して作られたものを茶といいます。
(と言ってもこの理屈は、お茶関係のひとの意見ですよね。)※心の声です。
そして学名をCamellia sinensis(カメリア シネンシス)と言います。
チャノキの葉から作られるお茶には、煎茶、抹茶、玉露、ほうじ茶、ウーロン茶、
プーアール茶、紅茶などなどいわゆる茶と呼ばれるものが作られるのです。
みんな仲間なんですね。

ただ、そのチャノキには大きく大別される種の違いがあります。
大きく分けてふたつの変種となったのですかね。
ひとつがちょっぴり寒さに強い「中国種」もうひとつが温かい湿潤な土地で育つ
「アッサム種」木の大きさや歯の大きさが異なり、味が大きく異なります。
中国種のお茶はアミノ酸のうまみなどがあるため、日本茶のようなお茶ができるのです。
このお茶を紅茶にしているので、日本の紅茶はやさしいほんのり甘みを感じるものが
多いように感じます。

お店の紅茶はまさにそうなんです。だからお店には、お砂糖もミルクも用意していません。
申し訳ない気もしますが、お砂糖を入れないほうがそのやさしい味を感じてもらえるので
ぜひお砂糖なしで飲んでほしいのです。日本茶の煎茶にお砂糖入れないと飲めないという方は、
きっと数えるくらいだと思うんです。わたしは会ったことがありません。
たまには思い込みをすてて、ひとがすすめてくれることには乗っかるといいのかな~
と思っています。信頼できそうな人の言うことに限りますけどね。

旅は、絶対そのほうが楽しい。自分の身は守りますが、できればパスパートとお金も守りたいですが、
現地の人のすすめに乗ると思いがけない楽しいことが多いと思っています。

「お砂糖は使わなくても大丈夫」ですね。
[PR]

# by Bali_hanikam | 2018-01-16 20:30 | たべもの*makanan

鏡開き

e0031799_16560365.jpg

1月7日は人日の節句での七草がゆをいただきます。
ちょうど、毎日のお餅やおせちのごちそう料理で胃が弱ってきたころにありがたい習慣です。
でも飽きるほどおせちやお餅を食べ続けているお家ってどのくらいあるのかしら?
わたしは、1年中お餅大好きで食べているのと、最近では飽きるほどおせちを食べていないので、おせちやお餅をありがたいと思います。
ただ青い野菜はこの季節目を引きます。だから新鮮な葉物でやさしいおかゆを作るのも大好きでとっても良いと思っています。
使う野菜は家にあるものや庭先にあるものでいいのではないかしら?

松の内も終わりしめ縄をとりはずし、さていよいよ鏡開き。
なぜタイミングが違うの~?と思いますが、その日にちも地方により違い諸説ありとは言え今日がその鏡開き。
ぜんざいを食べる日?という方がいましたが、違いますよね。
開いた鏡餅をいただく日ですよね。
朝からお餅を開き、カビ取りをしてお水につけました。あずきをゆっくり炊きました。
あずき茶を飲もうと少し前に買ったものなので、なかなかやわらかくならず焦りますが焦りは禁物。
ゆっくりした気持ちでゆっくり炊きます。
そして大好きなぜんざいを作っていただきます。
年神様の魂をいただくらしいですよ。ちょっと怖い表現ですが、今年もすこやかで楽しい年になるように・・・と願いながらかな?
[PR]

# by Bali_hanikam | 2018-01-11 20:17 | 日本の習わし

新年を祝うお菓子

e0031799_20471675.jpg
e0031799_20473539.jpg
新年を祝うお菓子フランスのガレット デ ロワと花びら餅
どちらもおいしいお菓子です。
花びら餅は、茶道の初釜のお菓子としても有名で、ちょっぴり品格を感じ、ガレットデロワは家族で楽しくおいしいパーティー的なお菓子。同じ新年でも祝い方はまったく違います。
そんな文化の異なるものがどちらも受け入れられるのが、今の日本のように感じます。

そしてどちらも手作りのほうがおいしいのです。

今の日本は手作りを売ることがとても大変で、労働に志がなければおいしいものは作れません。
材料と技術と志があっても、やっぱりひとりでは販売するほど作るのには限界があります。
技術や志が足りない人の手も借りなくてはいけなかったり、どこで何に妥協するか悩んだり、妥協せずにお客様へご迷惑をかけるのかを選択したり、お菓子作りだけはありませんがなにかに悩み選択する必要があることがたくさんありますね。

人の大切さはわかっていてもうまく伝えられず、ほんとうにひとりになってしまったら、どこかでなにかを手放さなくてはいけないようです。それでも志を失わず目の前にあるやらなければならないことをしっかりやりつづければ、かみさまがみていてくれて素敵な人材をあたえてくれるといいな~と思っています。今までおいしいお菓子を作ることを手伝ってくれていた方たちに、こっそりありがとうと伝えます。
そしておいしいものを作って、食べてほしいという気持ちをしっかりもって、笑顔もわすれず食べる人を笑顔にしてほしい。
2018年自分のことではないけれど一番の願いです。



[PR]

# by Bali_hanikam | 2018-01-07 21:03 | たべもの*makanan

お正月2018年


平成30年2018年がはじまりました。
平成も来年4月までと決まり日本も大きく変わりそうな時ですね。

今年で宮崎に来て6年を迎えようとしています。

9年ほど前オットが京都御所のすぐ近くのマンションに暮らしていました。
お正月は初詣がてら、人の少ない川べりなどを歩いて散歩しながらお店や家々に飾られる注連縄飾りを見て回るのも楽しみのひとつでした。

大阪生まれですが、幼少の頃に父の仕事で福岡に移り大人になり大阪で再び暮らし始めた時、福岡で見ていた注連縄と雰囲気が違うことに驚きました。

節分にはいわしと柊を玄関や門扉にくくりつけること、今ではポピュラーになった巻きずしの丸かぶり、文化の違いに驚きつつも楽しい感情が芽生えてこの街に興味を覚えた記憶があります。

宮崎に来てからも少しそんな気持ちでぶらぶら散歩してみます。
ただ、現在は完全な車社会のためぶらぶら散歩するのには適していないのが現状です。
素敵な原風景はたくさん残っているのですが。
そして市内の家々では、実家がほかにあるのかお所月に人がいる家でも注連縄をつけていない家が多いのです。

高千穂では1年中注連縄飾りが玄関に飾られています。
京都祇園祭のちまきのような感じですかね。

少しずつ薄れていく日本文化を少しでも素敵な形で残っていってくれるといいな~と心から思うお正月でした。
今年は、京都で今も残る門松の元となったと言われる根曳き松をいただき手作りした質素ながら我が家にしっくりくる注連縄で歳神さまをお迎えしました。

今年もすてきな年になりますように。
七福神のおみくじをひいたら、平和のかみさま「布袋様」でした。
そういえば最近の世界に一番足りない空気かもしれません。
布袋様の活躍を祈りつつ。
e0031799_11364496.jpg
e0031799_11372468.jpg



[PR]

# by Bali_hanikam | 2018-01-06 11:40 | 日本の習わし

オオカミの口さん1周年ライブ

わりとご近所の大好きカフェ、オオカミの口さんは一周年。

夜営業されライブをされるというので、楽しみに行ってきました。

なんだかちょうどよいサイズに、ちょうどよい人数。音はとてもよく、ほんと心地よい時間でした。

一人で行ったので、お友だちもできすてきな出会いでした。
好きな場所に、きちんと出かけていくことの大切さを実感しました!

記念プレートがとてもおいしそうでしたが、マフインサンドを注文。
こちらもいつもに増して、おいしく感じる夜でした。

おみやげのちびスコーン3兄弟も嬉しかった〜。

e0031799_1243849.jpg

[PR]

# by bali_hanikam | 2014-07-27 11:43 | ひとりごと